株吉ファンドは、現役のプロトレーダーのカリスマとして有名な
 株吉さまの御協力を得て製作させていただいた
株式投資情報サイトです
スポンサードリンク

2008年02月13日

ウォーレン・バフェット氏は救世主か?!

寄り前の外資系動動向は500万株の売り越し。また、SGX先物2008年3月物は前日比210円高の1万3195円で寄り付き。

昨晩のNYダウは、著名投資家ウォーレン・バフェット氏が金融保証会社(モノライン)大手3社が保証する地方債8000億ドル(約86兆円)の再保証を提案したことを明らかにしたことを受け、133ドル高。

日本市場の寄り前は寄り天気配の銘柄が多々。ここの戻りでは三井住友FG(8316)を再度の空売りから。

寄り後、しばらく様子を見るが、10時前までの高値は日経平均で1万3240円、先物1万3260円まで。やはり、そこから上値は買われない様子だが、動きがあれとすれば、春節祭明けの中国市場が始まる10時半前後。

春節祭明けの上海総合指数の寄り付きは、4,525.03Pの74.67P安から。今のところ、日本市場はしっかりのままだが、明日のGDP発表を境に崩れる可能性あり。

後場寄りから上げ幅は縮小傾向で見事な右肩下がり。

同じ不動産でもリサP(8924)とは対照的にグレース(4790)は破産し、S安する銘柄もあれば、バルチック指数回復の恩恵で海運はしっかりだし、個別はまちまち。

昨晩の著名投資家ウォーレン・バフェット氏のモノライン(金融保証会社)救済案というニュースはあったが、当のモノラインから提案を断られたことでも明らかなように、自社に都合が良い話ばかりだし、本当に評価されるかはこれから。

明日以降、特に来週でもガツンともう一発下げてくれれば面白いが、さてどうか?!

本日もお疲れ様でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。