株吉ファンドは、現役のプロトレーダーのカリスマとして有名な
 株吉さまの御協力を得て製作させていただいた
株式投資情報サイトです
スポンサードリンク

2008年01月31日

日経平均は1万3600円台にタッチ

寄り前の外資系動動向は1280万株の売り越し。また、SGX先物2008年3月物は前日比150円安の1万3250円で寄り付き。

注目のFOMCで0,5%の追加利下げを発表し、これで政策金利は3,0%となり、NYダウは一時200ドル高まであったのだが、格付け機関フィッチ・レーティングスが、モノライン保険会社のFGICの格下げを発表したことを受け、金融株を中心に一気に下げに転じた結果、2442.83ドルの37.47ドル安。
日本市場は寄り安気配から、どこまで切り返してくるかに注目したい。

寄り付くと、200円安ほどから日経平均は戻り基調。ではあるが、アングロサクソン共の次のシナリオを考えると、戻り売りも頭の片隅に入れておきたい。

個別銘柄では、第一汽船(9132)は600円越えでは利確ゾーンだが、もう少し見てみたい。それにしても木村化工機(6378)のなんと強いことか。

後場からは、日経平均は一気に200円高で1万3500円台回復だが、1万3600円前後ではここから上値を弾かれる節目。
もしここを抜ければ、1万3800円台を目指すだろうが、ここではさらに本格的な戻り売りが待っているはず。

その後のザラ場では先物の大口買いで1万3600円台にタッチするも、月末のドレッシングも入っているかとも思われる。

先週の安値1万2573円からは、個別銘柄はよく上げて2割前後の上昇。丸っきり頭から尻尾まで食えることは不可能なので、ほどほどなところで売りたい。
節分天井彼岸底と見れる足取りの銘柄も多数見受けられ、早ければ明日、もしくは来週中には利食いたい。

本日もお疲れ様でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。