株吉ファンドは、現役のプロトレーダーのカリスマとして有名な
 株吉さまの御協力を得て製作させていただいた
株式投資情報サイトです
スポンサードリンク

2008年01月29日

今晩からのFOMC待ち

寄り前の外資系動動向は410万株の買い越し。また、SGX先物2008年3月物は前日比415円高の1万3450円で寄り付き。

昨晩のNYダウは上下幅約280ドルと乱高下で、結局12383.89ドルの176.72高。 為替は106円90銭台。
だが、本日は個別気配で寄り天ぽい銘柄が多数、いったん寄りで利確予定。

寄り後、打診買い銘柄の売り一巡後は特にすることもなく、静観。

ここで少し整理しておきたい。個別は本日高いわけだが、ほとんどの銘柄は底打ちに近い処からの反転であり、銘柄を入れ替えて再度打診買い予定。
だが、問題は日経平均と日経平均先物の関係。ここ数日は逆ザヤも目立ち、まだ売り仕掛け体制が維持のままと見ている。
これがいつ解除されるかが問題なのだが、最近の先物動向では売り手口はドイツ証券、買い手口はあのソシエテ・ジェネラル。
このねじれ現象がかなり判断しづらいところなので、掛け捨てのプットを最低枚数買った理由でもある。

個別では、金連動型ETF(1328)は上場来高値面合わせまで反転。今後のドル安回避として、FXの空売りよりも安全志向だと思われる銘柄。
再度3000円近辺まで下げると思うが、その後はコツコツと数ヶ月掛けて4000円目標。

後場からは、日本郵船(9101)が、QUICKコンセンサスを上回る上方修正でしっかり。任天堂(7974)のようにならないか心配だったが、他の海運も同様にしっかりしたもの。
肝心のバルチック指数は下げ止らず、6000P割れの5692Pなのだが、昨年6月の5300前後が鉄板である可能性も高く、そこまで目前に迫った。もう少しだが、ここは打診買い水準。

第一海運(9132)は数ヶ月振りに来るか?他の海運も総じて堅調で、第一汽船(9132)はここから抜け、昨年のように他を引っ張れるかどうか?!ここは打診買い。

武富士(8564)拾い直すタイミングを逃したか。。

ところで、昨晩のブッシュ大統領の一般教書演説は大した内容でなく、やはり今晩からのFOMC待ち。再度のFF金利引引き下げがあった場合、市場は0,5%を期待しているが、0,25%の可能性もあり。その0,5%でも織り込み済みなら、次はどう対応するか?

一応、周期サイクル上では、日経平均は本日で長い波乱周期の終わりを告げる。しかしながら、仕掛け売りや外部要因にどこまで振り舞わされるかまだ不透明。
中国では、雪害による経済的な損失が182億元(約25億米ドル)に上り、被害は安徽、江西、河南、湖南、湖北など14省・自治区に拡大し、7800万人が被災したと言うが、これが昨日の下げ要因。
春節祭前でもあり、注意したい。

本日もお疲れ様でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。