株吉ファンドは、現役のプロトレーダーのカリスマとして有名な
 株吉さまの御協力を得て製作させていただいた
株式投資情報サイトです
スポンサードリンク

2007年10月31日

相変わらず暇な相場

寄り前の外資系動向は720万株の買い越し。また、SGX先物12月物は前日比35円安の1万6645円で寄り付き。

昨晩のNYダウは77ドル安。
国内では、連日の好決算銘柄は材料出尽くしで売られる銘柄も多々。閉塞感が漂う相場が続くが様子見からは変わらず。

寄り付くと、空売りの第一汽船(9132)もようやく下げてきた様子だが、つまらない相場ですることなし。

余談だが、昨晩のガイヤの番組でのスカイラインGTR特集はなかなか面白かった。さすがに日本車は大したものだと感心。日産(7201)は既に高いが、復活劇なら三菱自工(7211)も同様だろう。

他の銘柄では赤字で叩かれ、株価も大底圏で、倒産リスクが少ないのならメガバンクの資本が入っている消費者金融、ノンバンク系も同様で三菱UFJニコス(8583)等々。

本日で第一汽船(9132)含め、ほとんどの海運株は売りに傾いた格好だが、いったん明日以降に買い戻し予定。

内需関連ではクリード(8888)、ケネディックス(8902)等の不動産は練っている状態で再度上げてもおかしくないところ。
今買ってもそんなには下げないだろうが、転換期には、ここから買い直したい。

相場の周期サイクルでは、今週末は強気トレンド転換日でもあるのだが、海外動向が邪魔をしすぎなので参考程度に。

本日もお疲れ様でした。

好決算でも海外動向待ち

寄り前の外資系動向は320万株の売り越し。
また、SGX先物12月物は前日比変わらずの1万6725円で寄り付き。

FC2株ブログランキング

株ブログ村

昨晩のNYダウは63ドル高と利下げを織り込もうとしているようだが、これは危険な兆候ではないだろうか?!今週がターニングポイントでもある。

国内では、月末のドレッシング前に売りをぶつける外人投資家も多いのも事実で、連日の最高益更新企業が続出しながらも、出来高、株価共に伸びないのはこう言った警戒心もあり。静観から。

寄り付くと、東証、新興はまちまちの動きで中途半端なところ。FOMCを控えており、これも仕方なし。
そもそも、こんなにも海外市場を気にしないといけない日本市場はかつての栄華を取り戻せるのかとも思ってしまうが、恐らく無理なんだろう。

後場からは、先物の窓埋めは完了だが、好決算ラッシュにも関わらず、どうして株価が伸びないのか不思議で仕方ない一般投資家も多いはず。

下げるならいったん上げてからストンと落とすのが好ましいのだが、先週の始めに下げてしまったため、中途半端な下げにしかならないのが残念。

今週はアメリカの利下げを気にしなくてはならないが、それこそ目先の好材料出尽くしと言われる日も近く、また、肝心の中国はしぶとく粘る。
急落から暴落に近い下げが早く欲しいものだが、少々気長に待つしかない。

昨日から受け渡しベースで11月入りだが、11月もナーバスな相場が続くのか?!

本日もお疲れ様でした。

2007年10月29日

悪材料出尽くし!?

寄り前の外資系動向は170万株の売り越し。また、SGX先物12月物は前日比130円高の1万6620円で寄り付き。

先週末のNYダウは134ドル高で、これを受け、日本市場では買い先行から。
現在の決算ラッシュはご存知の通りだが、これは上期の円安の恩恵、商品市況で在庫の評価益の恩恵によりもの。

寄り付くと、メガバンクがしっかり。野村(8604)もそうだが、サブプライム問題の悪材料出尽くしと評価され、これらが主に日経平均を押し上げる。
新興も同じく強いのだが、これは東証からの回避資金と見られ、今のうち、と言う印象を受ける。

どうもG7後から相場サイクルにズレが生じているが、かなり恣意的な相場だと思う。
これで今週のFOMCで利下げが決定されれば、NY市場はいったん高いだろうが、それこそ好材料出尽くしではないだろうか?!
上海市場から香港市場への資金回避も見られ、国内要因のもならず、これほど海外に気を配らないといけない相場は疲れる。
もっとも、何もしないのも一つの手段。動きかけてからでも十分間に合うはず。

本日もお疲れ様でした。

2007年10月26日

まだまだ決算ラッシュ

寄り前の外資系動向は690万株の売り越し。
また、SGX先物12月物は前日比100円高の1万6390円で寄り付き。

株ブログ村

FC2株ブログランキング


昨晩のNYダウはザラ場の大幅安から戻し3ドル安引け、ナスダックは23ドル安と続落。
アメリカ市場は、来週のFOMC以降でないと、なかなか動きにくい相場なのだろうが、これまた来週は注意しておいた方が良い様子。

寄り付くと、好決算を手がかりに、週末にもかかわらず輸出関連でもしっかりし、日経平均を押し上げる。
先日コメントした武富士(8564)の他、アイフル(8515)等の消費者金融は、別に今日上げなくてもと言う感じなのだが、やはり無難なところは買いが入りやすいか。

後場からは、月内受け渡し最終売買日に加え、好決算ラッシュなのだが、1時半現在の出来高で9億9300万株と低調。

また、アメリカが下げるに下げれない状況下だと言うことが分かっているのかどうか知らないが、日経市場は余計な上げはせず、大人しくしておけば良いような印象を受ける。

また、上海市場は最低でも1000ポイント以上の急落があるやもしれないのだが、その時が絶好の押し目の買い場だと見ているのだが、そろそろなのか?!
さて、引き金を引くのはアメリカが先か中国が先か?!

その後、新興銘柄は急伸。すぐに買いをいれるだけでS高なんて当たり前なのだろうが、逆もまた然り。
分散をしないといけないのは苦労するが、大化けするかもしれない銘柄もあるので、それはそれで楽しい。

今週もお疲れ様でした。良い週末を!

2007年10月25日

決算発表相次ぐが外部環境頼みの相場

寄り前の外資系動向は850万株の売り越し。また、SGX先物12月物は前日比15円高の1万6390円で寄り付き。

昨晩のNYダウは、サブプライム問題からメリルリンチの赤字転落を受け、一時200ドル安、引けは1ドル安とはよく持ち直したもの。
アメリカ市場の思惑通り、早急に追加利下げがあるかどうかがポイント。
3月、8月と言い、外部要因からの下げばかりが目立つが、内需スタンスで、様子見から。

寄り付くと、以前から言っているように26日前後は特に注意を払いたい。
昨晩のNYダウは何とか持ち直したが、それが返って気味が悪い。少々で構わないのでプットを買うとか、無難な銘柄でサイバーエージェント(4751)でも空売りするとか、保険を掛けてておくのもひとつの手かと思われる。
様子を見ながら手持ちは利確も。

その後、寄り付いた上海株式相場は急反落。
上海総合指数の前引けは前日比209.979ポイント(3.59%)安の5633.130
中国国家統計局が発表した中国の7―9月期実質国内総生産(GDP)は前年同期比11.5%増と、市場予想(ダウ・ジョーンズ通信の集計で11.4%増)を小幅に上回る。
同時に正式に発表された9月の消費者物価指数(CPI)も前年同月比6.2%上昇と、政府の通年目標(上昇率3%以内)を上回る伸びに。
このため早期の追加利上げへの懸念が高まり、ほぼ全面安の展開。
上海米ドル建てB株指数は大幅に続落。前引けは前日比13.971ポイント(3.77%)安の356.330

後場からは、任天堂(7974)が14時に決算発表。上方修正はそうなのだが、QUICKコンセンサスのアナリスト予想では○ではなく●で予想を下回る。
これほどのネガサ株が14時の発表前後に場中でここまでフラフラするとは、かなり薄氷を踏む思いで売買しているのだろう。
そこまでしてトレードする必要はないと思うが、後場からは静観姿勢。

好決算のヤフー(4689)は材料出尽くしで格下げだの、上方修正の他の銘柄も売り込まれるだのと外資は下げたくて仕方ないのか?!
彼らが買いたい株があるとき時の常套手段でもあるのだが、今回は?!

本日もお疲れ様でした。

2007年10月24日

久々の新興祭り

寄り前の外資系動向は320万株の売り越し。また、SGX先物12月物は前日比50円高の1万6535円で寄り付き。

昨晩のNYダウは109.26ドル高、またNASDAQ45.33高とナスダックの上げが顕著。特にグーグルだけは別格の様だが、半導体株指数(SOX)は小幅な下げで微妙。
一方、日本市場は本日も薄商いで、かつ寄り高気配の様子。ここは出来高を伴っている底値圏の新興を更に物色。

寄り付くと、あまり買おうとは思わなった新興の中でも、出来高を伴い、売り時に困らない銘柄を探すのも苦労するが、昨日配信済みのタカラバイオ(4974)はあっと言う間にS高張り付きまで。
もっと買っておけば良かったなどと女々しく思う自分を恥じる。

その後、数銘柄を配信。後場からはS高銘柄含め大半が値上がり率上位にランクインまで。
任天堂(7974)まで買う気になれなかったが、これも後場からS高とは大したもの。

後場からは一気にマイ転で、個別では海運を空売り。また、先日のロング・プットは放置のまま。買い増ししようとも思ったが、先日のポジのみで対処することにしよう。

久々に新興で遊ぶのも楽しいことであり、日経平均が急落しても、それほど連れ安しない銘柄も多いだろう。
また下げたとしても、すぐに戻りそうな銘柄も多いのだが、それでも保険は掛けておきたい。

本日もお疲れ様でした。

2007年10月23日

秋枯れ相場

寄り前の外資系動向は100万株の売り越し。また、SGX先物12月物は前日比45円高の1万6510円で寄り付き。

昨晩のNYダウは44ドル高、為替は114円40銭前後。
ここは日経平均で1万6600円以上でで引けるかどうかがポイント。
これからの為替要因を考えると、優良銘柄であるなら、新興の中でも出来高を伴った内需関連にも目を向けたい。

本日は、上海株連動型ETF(1309)が大証に上場。しかし、この銘柄、あまり役に立ちそうにない。と言うのも貸借銘柄ではない?!
今時、どこでも中国株が買える時代に何のために上場したのだろうか?!

ザラ場では今後の面白そうな銘柄を配信。

また、中国共産党大会も終了し、中国市場は今週から注意しないといけない時期でもある。
バフェット氏を知らない方は少ないだろうが、同氏がペトロチャイナを全て売り抜けたこともあり、また、中国市場自体もここらで冷やしておきたいはず。それはそれで大きなチャンス到来。
売りからの方が、よっぽどスピーディに稼げるのだが、その後に買える銘柄も発掘したい。

先日配信の銘柄もまずまず。ゼンテック(4296)が早漏売りだった事もあり、ここは適当なところで利確のお任せスタンス。

とは言え、本日は今月前半とは打って変わり、出来高も少なく閑散な秋枯れ相場日和。
明日辺り、さらにプット買いを入れてみよう。

本日もお疲れ様でした。

2007年10月22日

ザラ場でサーバーダウン??

寄り前の外資系動向は1470万株の売り越し。
また、SGX先物12月物は前日比440円安の1万6350円で寄り付き。

株ブログ村

FC2株ブログランキング


先週のNYダウは366ドル安と今年3番目の下げ幅の下げ。
G7が世界経済の減速懸念を示す共同声明を採択した中で、サブプライムローン問題による信用収縮懸念が引き続いていると盛り込んだこと、また、キャタピラーの決算を受け、更に下げが加速する結果。
日本ではコマツ(6301)、クボタ(6326)が同じ建機銘柄に該当するが、コマツ(6301)は空売り済み。

これでいったん止まるかどうか。ここは臨機応変に対応したい。

寄り付くと、円高傾向でもあったため、日経平均は500円以上安いが、新興ですぐに反転、しっかりした銘柄が目立つ。金曜日からの下げからすると日経平均はかなり下げたはずなのだが、個別ではそれほど下げた気がしない。

その後、サーバーダウン??こんな事があるのか?!と目を疑う。
しかも、こんな時に当のさくらちゃん(3778)は引け間際にS高とはふざけているのか、とさらに腹立たしい。

もっとも、新興はそれほど積極的に買う予定はなく、売り狙いは変わらずで、戻り売りスタンス。売る銘柄は既にある程度決めてある。

本日の下げは不要な下げでもあるが、まぁ良い。大きく稼げるチャンスはこれから。

現在、サーバーもようやく復旧した様子。今回だけで勘弁してもらいたい。

明日以降は本日のリカバリーが出来るよう、より詳細に配信したい。

本日もお疲れ様でした。

サーバーダウン

ただいま、サーバーダウンによりご迷惑をおかけしております。

今しばらくお待ちください。

2007年10月19日

本日はブラックマンデーから20年目

寄り前の外資系動向は270万株の買い越し。また、SGX先物12月物は前日比115円安の1万6985円で寄り付き。

株ブログ村

FC2株ブログランキング



昨晩のNYダウは3ドル安、ナスダックは6ドル高で、今晩からのG7を前に円高に振れている。FXの空売りを掛けても面白いところのひとつ。
本日も新興中心の相場展開が予想されるが、個別でどの程度遊べるかと言ったところから。

寄り付くと、週末に加え円高要因とは言え、よく下げる。
一般的なテクニカル分岐点は、日経平均16,929円でこれは先日に埋めた。更にもう一つ下は16,457円となる。

来週後半から円高に拍車が掛かり、それだけでも下落方向に向かいそうだが、そ際は16,457円をあっさりと埋めに掛かると見ている。
更に大きな下げ要因もあるかもしれないのだが、来週前半に戻れば、本格的な戻り売りから。

もっとも、そのうちに円高が悪い要因ばかりでなく、野村総研のリチャード・クー氏が随分と以前に言っていた良い円高、悪い円高ではないが、円高メリット享受を再考する時が来るはず。
その円高へのきっかけは中国の人民元が発信源になるかもしれないのだが?!

また、個別銘柄だが、買い持ち銘柄、空売り銘柄は各々しっかりしているので、放置プレーのまま。

今晩に注目し、後は株吉会員の方にお知らせしたカウントダウンまでもう少し待ちの状態。その時には今年最大級で大きく稼げる!かもしれない。

最後に、本日はブラクマンデーから20年目の日でもある。それ以降、毎年10月19日の騰落は17勝2敗。今回で3敗目。どうでも良い話なのだが、ただ、その再来も近いと言うことか?!

今週もお疲れ様でした。良い週末を!

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。